〒350-0041埼玉県川越市六軒町1-1-3プルミエール川越

049-227-7772

営業時間

9:00~18:30(土日祝祭日は除く)

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

相続Q&A税金編

相続税は、誰が支払うの?

相続税は、相続財産を取得した人に課税されます。

相続税の申告はいつまでにするの? また、どこに申告するの?

相続開始の日(死亡の日)の翌日から10ヶ月以内に申告します。亡くなった方の死亡時の住所地を管轄する税務署に申告します。

商品・サービスについてご不明点がございましたら、どうぞお気軽に弊社サポートセンターまでお問合せください。メールでのお問合せも受け付けております。

相続税がかかる人と、かからない人がいるの?

全ての遺族に相続税がかかるわけではありません。

相続や遺贈によって取得した財産の課税価格の合計額が、基礎控除額を超える場合に、その財産の取得者に対して相続税が課税されます。

基礎控除額 = 5000万円+(法定相続人の数×1000万円)  

なお、相続財産の課税価格の評価方法は複雑な上、様々な特別規定があるため、慎重に課税価格を確かめる必要があります。詳しくは税務の専門家にご相談下さい。

相続税は、どんな財産にかかるの?

換価価値が有り、経済価値があるものが財産として相続税の対象となります。

【相続税がかかる財産の例】
現金(預貯金含む)・不動産・有価証券(株・ゴルフ会員権等)・貴金属・自動車・債権(手形・売掛金等)・生命保険の死亡保険金(*1)・退職金(*2)等


【相続税がかからない財産の例】
墓地や墓碑、仏壇・香典(通常の範囲内のもの)・相続税の申告期間内に行った国や地方公共団体等への寄付 

  1. 〔500万円×法定相続人の数〕の範囲内の死亡保険金は、相続税の対象となりません。
  2. 〔500万円×法定相続人の数〕の範囲内の退職金は、相続税の対象となりません。 

法定相続人や法定相続分について教えて!

法定相続人とは、民法の規定によって定められた相続人のことです。実際に遺産を受け取るかどうかは関係有りません。また、遺言や遺産分割協議が無い場合、民法に遺産の分配率が定められています。それを法定相続分といいます。 

【法定相続人】配偶者は常に法定相続人となります。

  • 第1順位・・・直系卑属(子、なお、子が死亡している場合は孫)
  • 第2順位・・・直系尊属(親や祖父母)
  • 第3順位・・・兄弟姉妹 

【法定相続分】

  1. 子がいる場合      配偶者1/2 子1/2(子の人数割:子2人の場合、それぞれ1/4)
  2. 子がいない場合   配偶者2/3 親1/3(父母存命の場合は、それぞれ1/6)
  3. 子も親もいない場合   配偶者3/4 兄弟姉妹1/4(兄弟姉妹の人数割:兄弟姉妹3人の場合、それぞれ1/12)

相続税の税額軽減措置はないの?

配偶者には、婚姻期間のに関係なく税率軽減の措置がされています。

配偶者の取得した遺産額が1億6000万円までか、1億6000万円を超えていても、法定相続分相当額以下であれば、相続税はかかりません。

また、配偶者以外にも、未成年者控除や障害者控除等の様々な控除制度があります。

相続財産の価格はどのように決めるの?

原則として相続開始時の時価によって、価格が決まります。なお、不動産(土地や建物)は特別な方法により価格を決定します。

【宅地】
都市部市街地にある宅地は「路線価方式」により評価します。
路線価の定められていない地域は「倍率方式」により、固定資産税評価額に一定の倍率をかけて計算します。

【建物】
固定資産税評価額により評価します。

相続税の納付方法を教えて!

原則として金銭で納付します。なお、一定の要件を満たした場合には、物納も認められています。

相続税はどのように計算するの?

相続税は、まず課税遺産総額を算出することから始まります。 

課税遺産総額=

(遺産総額)−(葬儀費用、受け継いだ債務)−(基礎控除額) 

順序を追って説明すると次のとおりです。

  1.  まず、相続や遺贈によって各人が取得した資産総額を、各人別に計算します。
  2. 相続人(遺族)が負担した葬儀費用や受け継いだ債務の額を相続人が取得した遺産総額から差し引きます。
  3. 残った遺産額に、死亡の前3年以内に贈与された財産を加えます。これが正味の財産です。
  4. 正味財産から基礎控除額を差し引きます。この差し引いた後の金額が課税遺産総額です。
  5. 次に、遺産を実際に相続人の間でどのように分割したかに関係なく、課税遺産総額を法定相続人が法定相続分に応じて取得したものと仮定して各人ごとにの遺産の取得金額を計算します。
  6. この各人ごとの遺産の取得金額に相続税の税率を掛け、控除額を差し引いた額が相続税額で す。これら各人の相続税額を合計した金額が相続税総額です。
  7. 相続税総額を各人が実際に取得した財産の価格の比率によって按分した金額が各人の相続税額になります。
  8. このように計算した各人ごとの相続税額から配偶者の税額軽減など各種控除等を計算した金額が、各人が納める相続税額になります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽にどうぞ 

049-227-7772

受付時間 : 9:00~18:30
(土日祝祭日は除く)

相続で悔しい思いをした物語

第1話
もしも遺言があったなら

詳細はこちら

ご連絡先はこちら

相続川越サポート室
運営事務所 
司法書士中山ゆり事務所

049-227-7772

049-227-1770

nakayama@nakayama-jimusyo.jp

〒350-0041
埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越

営業時間:9:00~18:30
(土日祝祭日は除く)